About Velvet Lounge

2004年、ディレクター雪岡正輝により現代のメンズジュエリーを提案するためVelvet Lounge を発足。 古代より人の信仰や、力の源として身にまとわれ進化してきたジュエリー。その古くから伝わるモチーフやフォルムを、削ぎ落とすという独自の観点により時代背景にあったテーマと融合させ、現代のジュエリーを提案する"ニュークラシック"をコンセプトとして新たなメンズジュエリーを展開しています。

In 2004, Velvet Lounge was established to propose modern men's jewelry by director Masaki Yukioka. Jewelry has been evolving since being ancient people as a source of human faith and power. We are developing new men 's jewelry based on the concept of' New Classic 'which proposes contemporary jewelry by fusing them with the theme that was in the background in the original viewpoint of scraping off old motifs and form.

2018

NOVEMBER
novelism

RUDIE

VELVET LOUNGEが設立当初より頻繁に使用してきたモチーフや素材を現代のファッションシーンにマッチングするよう一つ一つ見直す事から誕生した[RUDIE]Collection。 無駄なラインとデザインを省きながら全ての デザインを調整して男らしさの中に品のある煌びやかさを融合させています。 STONEが生み出す気品ある輝きとSHELLが生み出す気品ある輝きが シャープなデザインを一層引き立てる[RUDIE]をご提案させて頂きます。

MAY
novelism

NOVEL ISM

edge / simple / elegant / この3つのキーワードを軸に全体のバランス大きさ・重さ、人がさりげなく観た瞬間一番美しく印象の良い形を追求した[NOVEL]。 今回の新作[NOVEL ISM] ではNOVEL シリーズならではのカスタムパーツとして全面にストーンを敷き詰めた新たなパーツをご用意しております。 その他にVELVET LOUNGE 独自の技法を駆使したSTARDUST シリーズ・GAUDI シリーズなどVELVET LOUNGE の「ISM」を全面に出した展開となっております。

2017

NOVEMBER
novelstyle

NOVEL STYLE

edge / simple / elegant / この3つのキーワードを軸に全体のバランス大きさ・重さ、人がさりげなく観た瞬間一番美しく印象の良い形を追求した[NOVEL]。今回の新作[NOVEL STYLE] ではNOVEL シリーズならではのカスタムパーツとして新たに新素材「天然WOOD」を採用しています。一点一点違う表情を魅せるWOOD は長い年月を経て通常のWOOD より強度・重量が増した特別なWOOD のみを使用しています。熟練した職人の技とあなただけのSTYLE をお楽しみください。

MAY
novelstud

NOVEL STUD

ブランドを設立した2004年に発表したMODERN REBEL Collectionを大幅にリメイクし、現代のファッションにリンクさせた2017年 新作コレクション NOVEL STUD(ノヴェルスタッド)が登場。 前作[NOVEL]コレクションにて《オニキス》を使用していたスタッズ部分に、地金を採用。お客様一人一人に合ったカスタムメイドを提供する事が出来るようになりました。今回の新作では《STUD》を使用する事で更にNOVELの世界観を広げ、スタイリッシュなコーディネートや年齢と共に変化していくスタイルにも対応していけるよう、パーツの色やデザイン・素材までも変える事が出来る新しい提案型ジュエリーとなります。

2016

NOVEMBER
novel

NOVEL

edge / simple / elegant / この3つのキーワードを軸に全体のバランス大きさ・重さ人がさりげなく観た瞬間一番美しく印象の良い形を追求したCOLLECTION。[ NOVEL ] のデザインはスタイリッシュなコーディネートにさりげなく合わせるだけでなく、年齢と共に変化していくスタイルにも対応していけるようにパーツの色やデザイン、素材まで変えていくことが出来る、新しい提案型ジュエリーになります。また、シンプルなデザインはコーディネートにさりげなく溶け込むので重ね付けやプレゼントにも最適です。

JANUARY
jewelsummit

JEWEL SUMMIT

JEWEL SUMMIT-ジュエル サミット-開催!アクセサリーブランドの新たなる可能性を求め4ブランドが集結。GARNI / JAM HOME MADE / PUERTA DEL SOL / VELVET LOUNGE(アルファベット順)日本を代表するシルバーアクセサリー4ブランドが、 様々な素材やテーマを題材に、それぞれのクリエーションから新作を発表する企画「JEWEL SUMMIT」。

MAY

SCALE

VELVET LOUNGEがブランド設立当初から使用してきた技法、”SCALE CUT”をメインに構築したCollection[ SCALE ]。表面全体に滑らかなCUTを施すことで生まれる、”光りの陰影”。その陰影を生かし、極限まで無駄を削ぎ落としたデザインに当て込んだ2016年新作Collection。

2015

DECEMBER

2015 Christmas Memorial / Angel medal pendant

Velvet Lounge 2015 2nd Collection ”S.E.S”から、クリスマス記念アイテム“Angel medal pendant”が登場。古くからお守りとして親しまれていたコイン型のペンダントに、幸運を引き寄せると言われる黒蝶貝をセット。 さらに、重ね付けとして付属するK10のスターチャームの中央には、1石のダイヤモンドが煌きます。ペンダントの裏側には、平和への願いが込められた天使と盾の彫刻。煌びやかで、洗練されたデザイン。クリスマスにオススメする記念アイテムです。

NOVEMBER

S.E.S

ヴェルヴェットラウンジが提案する2nd Collection“S.E.S”は smooth/edge/shapeの頭文字を取ったコレクションになります。全てのデザインは上記3工程を経て構築されており、一切の無駄を削ぎ落とし洗練されたデザインが特徴です。滑らかな曲線とエッジを効かせた直線を混じり合わせる事で生まれる美しい形状が魅力でジュエリーとしても対応出来るように計算して製作しています。ワンランク上のご提案としましては是非、K18GOLD・DIAMONDの輝きをお試し下さいませ。

NOVEMBER

made by VELVET LOUNGE

2015 2ND COLLECTIONから提案するヴェルヴェットラウンジのセカンドライン。今までのコレクションラインだけでは表現出来なかった商品やデザインをリーズナブルに展開。限りなく自由な発想の基、その時代背景に合った商材を提案していくmade by VELVET LOUNGE。

JUNE

“CHESS TRIBUTE” PUERTA DEL SOL 20th ANNIVERSARY Spin off

まったく異なる個性を持った4ブランドが、同じモチーフをどのようにアクセサリーにデザインを落とし込み表現するのか。PUERTA DEL SOL が20周年という大きな節目を迎える年に実現した協業企画。

JUNE

Modern:Stud

VELVET LOUNGE からリリースされた[MODERN REBEL] から10年 ― STUD やデルタ多面体をモチーフに新たなSTUDの表現を致しました。 立体感溢れるモチーフを繊細かつエッジを効かせたデザインで表現したCOLLECTIONとなっています。

2014

NOVEMBER

LUCK

アクセサリーを身に着ける事・プレゼントする事・願いを込める事。 その本質的な意味を追及し、身に着ける人達の気持ちを幸せに出来るようなコレクション” LUCK”。 VELVET LOUNGE も10年目を迎え、再度アクセサリーの意味や良さを伝えられれば幸いです。

JUNE

LUXE

ブランドの原点でもある“大人の社交場”をイメージした、上品で煌びやかなコレクション[ LUXE/リュクス ]。無駄なラインを削ぎ落とし、シンプルながらも主張のあるデザイン構成に仕上げています。

2013

NOVEMBER

GAUDI - TRENCADIS

2013 2ND COLLECTION は前回に引き続きスペインの建築家であるアントニ・ガウディにスポットをあてたCOLLECTION になります。今回は” TRENCADIS” というガウディ作品の曲面部分を覆う破砕タイル仕上げの技法をアクセサリーに落とし込み完成した作品群となっております。タイルの変わりに白蝶貝と黒蝶貝を使用する事で高級感溢れる艶やかさを表現する事が出来ました。いびつなシェルのカットや煌びやかな石を使用した小振りながらも存在感のある商品をぜひ、手に取って確認して頂けると幸いです。

NOVEMBER

wjk×Velvet Lounge LIMITED JESUS PENDANT

wjkとVelvet Loungeの共同開発企画第2弾。今回は限定ギフトセットとして、目黒を拠点に置くHOTEL [CLASKA] のデザイナーである岡嶌 要氏によるオリジナルキャラクター[Bearble]のキャンドルをセット。ジーザスペンダントは表情から筋肉に至るまで徹底したこだわりを持って製作。大きさや重さに関しても男女性別関係なく使用して頂けるように調整しております。Bearはキュートに部屋のインテリアとして、JESUSは渋く着用して頂ければと思います。

JUNE

VelvetLounge featuring wjk

1stシーズンのCONCEPTは[FLOW ~流れ]。水・空気・時間等決して止める事のない流れをデザインに落とし込み完成したアクセサリーはフォーマルからカジュアルまで幅広く対応する事が可能です。wjkが創り出す洗錬されたラインを崩す事なくトータルコーディネートのポイントとして着用して頂く事を一番に考えたシリーズ“flow”。

MAY

GAUDI

ANTONI GAUDI の独創的な建築にみられる曲線や色彩感覚をVELVET LOUNGE という独自のフィルターを通して表現した新作[GAUDI]。デザインにはGAUDI にまつわる建造物やオブジェの他、自然との融合を意識した荒削りな岩肌や光と影等を用いあらゆる方面から一人の芸術家にスポットを当てたデザインが特徴です。どれもこだわりを持った作品になりますので一点一点手に取って確かめて頂ければ幸いです。

2012

December

"M" "roar" Collaboration

「日本人の感覚をフィットさせた"American Style"」をコンセプトにハイセンスカジュアルを提案する「M」と、「LOVE&PEACE」を掲げ、アメリカンカジュアル、ミリタリー、フォーマル、ワーク等様々な文化の中で育まれたアイデアをミックスしたデザインを提案する「roar」とのコラボレーションアイテムを発表

September

STARDUST BE@RBRICK

世界中で愛され続けてきたテディベア生誕100周年の年に「デジタルなイメージのテディベアを作る」というコンセプトで誕生した「BE@RBRICK」とコラボレーション。BE@RBRICKの「限定規約の中にある大きな可能性」を最大限に引き出すため10パーツで構成し、細部に至るまで徹底した制作を実現しました。

2012

May

SERPENT

現代のように通信手段の全くない時代から世界の人々は何故[蛇]に神聖な生物という共通のイメージを持ち、そして崇めたのだろう。 そしてもう一つ共通していることは、その象徴に思いやメッセージを込めて身につけたということ。 今回の[Serpent]は[Snake]と同じ[蛇]という意味を持っています。モチーフに込めた思いやメッセージを一人でも多くの人に感じていただければ幸いです。

March

PROGRESSIVE

Velvet Lounge 設立から7年。
原点回帰とこれからの進歩をテーマに掲げたコレクション”PROGRESSIVE”。
「削ぎ落とす」という独自のデザイン観はそのままに、 今まで培ってきた技法やモチーフの魅力を最大限に引き出しました。

May

PIRATES OF THE CARIBBEAN SKULL RING

多くの傑作映画を生み出してきた「Walt Disney」社と新たな作品の提案― 第三弾は2011年5月全世界公開された「PITATES OF THE CALIBBEAN」。スターダストパヴェセッティング"にて変則的に輝く石は9種 類36個、熟練した職人の手により爪留めでセットされ、"スケールカット"は見る角度によって光の影が異なるよう計算し、立体造形の明暗を表現しています。 2つの技法を用いた新たなスタイルのスカルリングが完成しました。

2011

March

GLITTER

Velvet Lounge が提案するレディスライン。ジュエリーを身につける事で"光り輝き"今まで以上に笑顔になれる、その概念を新たに提案するコレクション"GLITTER"。 ミュージック・ファッション・アート・ライフ の4つのキーワードから連想するモチーフやメッセージをラグジュアリーに表現し、細部に至るまで妥協のない作品を提案いたします。

Nobember

COLLABORATION WITH RYUICHI KAWAMURA

アーティストである河村隆一氏とVelvet Loungeが"Essence of Life" -生命の源-という 一つのキーワードをもとに何度も打ち合わせを重ね、完成しました。 生命の 源である"水"が持つ2つの性質"静寂と躍動感"を追求することで生まれた 一つの答えがここに誕生。 河村隆一が思い描く"美の哲学"とVelvet Lounge が表現する"削 ぎ落とす美学"が一つになり、 コラボレーションが形を成しました。

October

CONTEMPORARY

"アンティークジュエリー"が持つ煌びやかなモチーフや装飾の中から大切なラインを見極め Velvet Lounge の世界観へとデザイン を構築したコレクション。 コンテンポラリーとは"現代"を意味し、100年以上の間<人から人へと受け継がれる> 美しいアンティークの世界を独自のラインワークで現代ファッションに対応できる作品へと昇華 させています。

July

COLLABORATION WITH DISNEY

ディズニーランドや多くの傑作映画を生み出してきた「Walt Disney」社と、ニュークラシックを提案するジュエリーブランド「ヴェルヴェットラウンジ」がコラボ レーション。 第一弾は「Walt Disney」社が誇るMICKEYMOUSEをモチーフに"夜に煌めく星空"を表現。 ミッキー全体に散りばめられたサイズ・シェイプが異なる無数の 石は"STARDUST"にてレイアウト。光が変則的に輝く効果により"夜に煌めく星空"を演出していま す。

June

COLLABORATION WITH 5351 POUR LES HOMMES

ニュークラシックを提案するジュエリーブランド「Velvet Lounge」と ジェントルでエレガントなスタイルを定着させたファッションブランド「5351 pour les HOMME」が 50年代アメリカを象徴するモチーフを用い、新たなファッションスタイルを提案します。 ペンダントチャームをそのままジッパースライドとして使用できる作品など、ファッションブランドとのコラボ ならではの発想を練り込みました。

2010

March

NAVIGATION

2010年春、"NAVIGATION"を発表。"NAVIGATION"は"航海"を意味し、海に浮かぶ一隻の船と穏やかに揺れる静かな波をデザインソースとして設定しています。 海面が月明かりや星々の輝きを柔らかく反射させる情景を曲線と陰影を綿密に計算したラインと2種類のコーティングで表現しました。 デザイン面ではVELVET LOUNGE の原点である"削ぎ落とす美"を徹底的に追求し、 ボリューム感・装着感・空気感を理想型にしました。

March

TURN ON THE CHARM

2009年秋“TRADITION”と同時発表 - "身に着ける人の魅力を発揮する"という意味を込めたジュエリーチャームコレクション。 第一弾は動物モチーフを採用。その動物のイメージに合った花をカラフルにデザインし、 裏面にはその花言葉を様々な字体で刻み込みました。 Velvet Lounge らしい遊び心いっぱいの作品に仕上げてい ます。

september

TRADITION

2009年秋、"TRADITIONを発表。 人間が生存し、生活する中で生まれてくるのが"TRADITION"=伝統。 歴史の中で形成されてきた様々な形態の中から特に重んじて次世 代に継承すべき 精神と形式をVELVET LOUNGEのフィルターを通して表現しています。 さらに"氣"の流れを表現し、それぞれに融合させることで、より一層デザイン性を高めています。

2009

March

BAROQUE

2009年“baroque”を発表 - 16~18世紀初頭にかけヨーロッパ各国に広まった美術・文化の様式をジュエリーで表現しました。動的にうねった造形を"蛇"で表現し、バロックの象徴でもある凝った装飾を"薔薇"と"蔦"で具現化した。破壊と創造を繰り返す芸術の中、生活スタイル全般を築き上げた"BAROQUE"という華美な芸術文化に "Velvet Lounge"の考える"極限まで削ぎ落とす"という美学を融合させ完成したコレクションです。

2008

May

CAMOUFLAGE

広大な大自然に生息し力強く生きる動物たちが厳しい自然界を生き抜いていく為に進化した体表…永い時間と世代を経て刻まれた、迷彩柄。そんな動物たちの洗練された生きる力に感銘を受け黒と黒の対比デザインによって様々な黒の魅力を引き出した、新たなメンズジュエリーのジャンルを構築。 古くから人間が身にまとってきた動物の毛皮や体表をヴェルヴェットラウンジ独自の「ニュークラシック」に落とし込みました。

2007

June

EVERLASTING

2007年“EVERLASTING”を発表 - Everlasting Love(永遠の愛) ヴェルヴェットラウンジのメインモチーフである“蛇”を使い提案するマリッジ・エンゲージリン グ。 古代から世界中で神聖視されてきた“蛇”。西洋では“永遠の愛”を象徴し、東洋では“白蛇等の縁起もの”お守りに慕われてきた生き物…。“蛇”が 持つ美しい曲線と躍動感をデザインに落とし込む事で生まれた新たなマリッジ・エンゲージリング。

August

STARDUST

- 夜空を見上げたとき、空一面に広がる星々。 星には多様な形があり、輝き方も様々 -
多様なカット・大きさのストーンを夜空に輝く星々に見立てちりばめた新発想のパヴェセッティングを施しました。 それにより周囲の光を取り込み反射し、他では類をみない輝きを放ちます。 第 一弾は"Stardust Skull ring"、続いて"Stardust Rose Pendant"、"Stardust Skull Pendant"をリリース。

2008

April

DAWN AND DUSK

コンセプトは「輪廻」。 動物が死して最後に残るもの「骨」を始まりと終わりのシンボルとし、そこに宿る「力=命」を蛇で表現しました。この世の全てのものに例外なく訪れる終末は、決してネガティブなものではなく、新しい始まりを迎える為の「輪廻」の中の通過点であるということ。そしてその輪廻の中にあって確かな終焉を受け入れることが、ポジティブな「力=生命」になるというメ ッセージを込めたコレクションです。

september

DA VINCH

偉大な芸術家であると共に、建築・土木および種々の技術に通じ、近代科学の先駆者でもあったレオナルド ダ ヴィンチ。 彼が一生涯こだわり、研究し続けたテーマの一つである「水(力の流れ)」に焦点を当て、その軌跡に尊敬の念を込めて生まれたのが“DA VINCI”コレクションです。ダ ヴィンチ が見出した“美と科学”を VELVET LOUNGE流にジュエリーの中に落とし込みました。

2006

March

CONTRAST

ジュエリー3部作の第2弾となるコレクション。 「黒で魅せる黒のコントラスト」をコンセプトにメンズジュエリーでは珍しいパールジュエリーを展開。 ブラックパールの柔らかな黒に、ブラックダイヤの漆黒を合わせる事で、「黒」という色の深みを表現する“手段”として用いる事。そしてブラックダイヤを使用する事で全体の輪郭を引き締め、男性の色気を引き立たせる“メンズジュエリー”の創造。その二つを追求して生まれたコレクション。

November

SNAKE

現代のように通信手段の全くない時代から、世界中の人々は何故「蛇」に神聖なものという共通のイメージを持ち、そして崇めたのだろうか。そしてもうひとつ共通していることは、その象徴に思いやメッセージを込めて身につけたということ。 伝統的なモチーフ「蛇」に焦点を当てた本作は、あえて“セオリー”に挑むことでジュエリーという伝統を継承しつつ、常に新しいものを生み続けるという、 ブランドの決意表明とも言えるコレクションです。

2005

May

MODERN REBEL

“パンク”とは何か? この一つの疑問から始まったコレクション。パンクの代名詞的ファッションが生まれた70年代、そこから何か変化しているのだろうか。 一般的な「パンクファッション」は過去の模倣にとどまっています。そこで、パンクを「楽しむ為の一つの表現」と解釈し、幅広いスタイルに対応できる全く新しいパンクを提案しようと考えました。今まで表現される事のなかったパンクの側面を作品を通して伝えていくことも目的としています。

October

FEMINIST

“FEMINIST”を発表 - 「女性を大切にする男性」という意味の言葉をコンセプトに、女性に対しての “優しさ”と優しくある為に必要な“逞しさ”を表現したコレクション。
一つ一つのアイテムに背景を持たせる事で「FEMINIST」というコレクションが、身につける人達の会話の糸口になることを目指したコレクション。 

2004

April

FEMINIST

2004年、ディレクター雪岡正輝により現代のメンズジュエリーを提案するためVelvet Loungeを発足。 古代より人の信仰や、力の源として身にまとわれ、進化してきたジュエリー。 その古くから伝わるモチーフやフォルムを、削ぎ落とすという独自の観点により時代背景にあった「テーマ」と融合させ、現代のジュエリーを提案する"ニュークラシック"をコンセプトとして新たなメンズジュエリーを展開。